TOP >  クレジットカードの限度額について

スポンサードリンク

借り入れ限度額の仕組み

クレジットカードには利用限度額という仕組みがあります。

クレジットカードでは、ショッピングローンの利用額とキャッシングの融資上限が個別に決まっています。
限度額を超えない範囲でならば、キャッシングやショッピングのローンを組むことができます。

10万円〜20万円ほどの限度額が、入会した年は設定されます。
多くのクレジットカードは、月の利用明細書のどこかに今の限度額を付記しています。

限度額は高いほどいいということはありません。
確かに高い限度額は余裕がありますが、払いきれない額のローンを作ってしまわないようにしたいものです。

限度額は、入会初年度に定められた金額から利用状況や継続年数で金額が変動していきます。

限度額の見直しは、ほとんどの場合カードの有効期限が切れて更新作業を行う時です。
延滞などの問題を起こしていなければ限度額が引き上げられます。
返済態度に問題がなく、利用頻度も定期的な優良顧客は限度額がアップされ、どんどん使いやすくなるのです。

限度額の引き上げが必要な時は、クレジットカード会社に申し込むと応じてもらえる場合もあります。
限度額が上がると同じクレジットカード内での自由な商品の購入が可能ですし、限度額を意識して買い物をしなくても快適なショッピングが楽しめます。

クレジットカード一枚でローンのやりくりができるなら、複数の消費者金融を利用せずに済みます。


関連エントリー

クレジットカード限度額の審査   クレジットカードの限度額アップ方法   借り入れ限度額の仕組み   クレジットカードの限度額について