TOP >  クレジットカードの限度額について

スポンサードリンク

クレジットカード限度額の審査

クレジットカードを契約すると、個々人の申し込み内容から信用度が審査され、審査結果に基づいて限度額が算定されます。

1991年に日本クレジット産業協会が提唱した内容で定められた限度額は別名クレジットラインといい、融資の上限枠を定めています。
クレジットカードの契約を結んだばかりの会員や、年齢が比較的若い人の限度額は低めに設定するようです。

発行後は、利用状況、ローンやキャッシング時の返済状況が審査対象です。
これまでブラックリストに載ったことがあるかどうかも審査に含まれますが、支払い延滞の有無、キャッシング利用の金額や頻度、場所などの内容も限度額を決める参考にされます。

キャッシング会社の審査はスコアリングシステムといいます。
そして、キャッシング会社が過去の事例から導いた返済能力のありそうな人物像に近い人ほど高く評価されます。

例えば、キャッシング会社の評価が高くなる人物像は、家持ちの既婚者で、勤め先が安定しており一定の勤続年数がある人です。
審査結果が高ければ、限度額はそれだけ高額です。
とはいえ、きちんと返済し、定期的にカードを利用していれば、限度額のアップに関しては特に問題なく審査は通ります。

限度額引き上げには、電話などで直接依頼する方法もあります。
融資枠見直しを申し込む時、理由はショッピング利用のためとしておきます。
キャッシングのための増額は、印象があまりよくないようです。


関連エントリー

クレジットカードの利用限度額がオーバーすると   クレジットカード限度額の審査   クレジットカードの限度額アップ方法   借り入れ限度額の仕組み   クレジットカードの限度額について