TOP >  クレジットカードの限度額について

スポンサードリンク

クレジットカードの利用限度額がオーバーすると

クレジットカードの使いすぎによって、設定された利用限度額をオーバーしてしまうことは避けなくてはなりません。

設定されている利用限度額は、クレジットカードごとに異なります。
このため、カード一枚ごとに、利用できる限度額をきっちりと把握しておく必要があります。

盗難などによる第三者のクレジットカード利用による被害は最小限に抑える必要があります。
クレジットカードによっては、一回のショッピングなどに使える最大限度額が決まっているものもあります。

キャッシングの利用限度額を超えて利用した場合は、クレジット会社によって対応が違ってきます。カードの限度額を超えた時点ですぐさま利用できなくなる場合や、多少の超過であればそのまま使える場合もあるようです。

あらかじめクレジットカードの利用限度額にゆとりが設定されています。
例として、利用限度額が50万円に設定されているカードの場合、2〜3万円は超過しても構わないという会社もあるようです。
カードを超過利用してエラーが出るとばつが悪い思いをしますが、一度であれば確認してみるのもいいかもしれません。

同じ金融会社が発行しているクレジットカードを何枚も利用している場合、カード同士の利用限度額が共有されることがあります。
利用限度額を超えてクレジットカードを利用したい場合は、その旨をキャッシング会社に伝え、利用限度額の上限を変更できないか依頼してみるといいでしょう。


関連エントリー

クレジットカード利用限度額の引き下げ   クレジットカードの利用限度額がオーバーすると   クレジットカード限度額の審査   クレジットカードの限度額アップ方法   借り入れ限度額の仕組み   クレジットカードの限度額について