TOP >  不動産担保ローンについて

不動産担保ローンについて

不動産担保ローンは、担保にお手持ちの不動産を用いた金融サービスのことです。金額を長期にわたって借り入れることが不動産を担保にすることで可能となります。 不動産担保ローンの金利が銀行の目的別ローンより高いのは、使い道が自由に選べるからです。
消費者金融の無担保ローンに比べると、不動産を担保にしているので金利は大変低くなっています。不動産担保ローンは、自分名義の不動産を担保にします。
不動産でも借地の上に建てられたものは担保価値が認められない場合もあるそうです。
金融機関による貸付サービスは、不動産担保ローンを含め、色々な商品が提供されていますが、大きく分けるとフリーローンと目的別ローン、無担保ローンと有担保ローンに分けられます。
ために、モノを担保にとるというのが有担保ローンです。
無担保ローンには、文字通り何も担保にする必要がありません。住宅ローンは有担保の、カードローンは無担保の典型です。
不動産担保ローンは「有担保」の「フリーローン」ということになります。
                  

スポンサードリンク

    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/8016

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

関連エントリー

不動産担保ローンについて