TOP >  ゴルフとは/ゴルフの歴史

スポンサードリンク

ゴルフとは/ゴルフの歴史

 ゴルフとは、コースにおいてゴルフクラブで静止したボールを打ち、ホールと呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技である。

 ゴルフはスポーツの中でもかなり古くからの歴史がある。


 記録に残っている一番古いゴルフの記録は、1457年にスコットランドで発令された「ゴルフ禁止令」がある。


 当時のヨーロッパは戦争が絶えなかったが、国民や兵士がゴルフばかりして、戦争に負けたり生産性が落ちるほどだったと言われている。


 ゴルフは、19世紀にゴルフクラブの量産ができるようになるまでは、草原に穴を開け、棒でボールをたたいて入れるという簡易なプレーであった。

 人々がよく使うゴルフ場には、酒場が店を開いていたといわれている。


 ゴルフ禁止令の後は、国王自身がプレーをしたいために取り下げられ、ヨーロッパ、そしてアメリカに広まった。


 日本にも1900年に入るとゴルフが伝わってきた。

 第二次世界大戦後、現在のワールドカップにあたる競技が東京近郊で行われたときに、日本人選手が団体・個人戦共に優勝を果たしたことで、その後爆発的なブームとなり、一気に大衆化して現在に至る。


 日本のゴルフは、その後も世界的な実力をもつ選手を生み出し続けている。
現在は、男子、女子ともかなりのレベルである。

スポンサードリンク

関連エントリー

ゴルフとは/ゴルフの歴史  

検索

ゴルフ シューズ

グローブ