TOP >  着物の着付け

スポンサードリンク

着付けの大まかな手順

最近では、美容室などで着物着付けてもらう人が多いようですが、着付けの手順と要領さえ覚えれば自分でも手軽に着物を着られるようになります。


着付けは、まず足袋を履くことから始まります。
その次に肌襦袢、長襦袢を着てから着物を着付けて行きます。

着付けの大まかな手順は、まず着物を後ろに回し両肩にはおります。
次に、長襦袢の袖を片袖ずつそろえながら着物に通します。
裾先の長さ、脇線、背中心に注意しながら身幅に合わせて腰紐で着物を体に固定していきます。
衣紋の位置を確認し衿を綺麗に合わせたら腰紐でさらに固定します。
おはしょりを整え伊達締めを巻いたら、要所が美しくまとまっているかをチェックしましょう。
問題がなければ次は帯を結びます。


帯結びは、着付けの最後の手順です。
着物の柄や種類、着て行く場所によって帯とその結び方はさざまですが、袷の着物を着付ける場合、着て行く場所を選ばないのはお太鼓結びです。
名古屋帯を使えば、仮紐、帯枕、帯揚げ・帯締めで一人でも簡単にお太鼓結びができるので、着付け初心者にも最適でしょう。
帯を締め終わったら、余分なしわができていないか、お太鼓柄がきちんと出ているかなどをチェックし綺麗に結べていれば、着付けは完了です。


関連エントリー

着付けの資格とは   着付けの大まかな手順  

お気に入りに追加

カテゴリー

検索

更新履歴