スポンサードリンク

視力回復の方法、トレーニングについてについて

視力が低下したときの回復の方法、トレーニング法、手術等を説明しています。

視力回復の方法、トレーニングについて最新記事

視力 回復その1

視力回復とは、読んで字のごとく低下した視力を回復させることである。
日本のメガネをかけている人口は、6000万人ともいわれている。
これだけ多くの人間がメガネのお世話になっているとしたら、視力回復は確かに関心の高い話題だろう。


視力を含め、わたしたち(の身体)は日々変動している。
視力に自信のある人も、パソコンなどの作業をしすぎた時は、やはり普段より見え難く感じるものだ。


視力は、午前より午後の方が低下する。
これは眼のレンズ(水晶体)を伸び縮みさせる毛様帯筋が疲れてきて働きが鈍くなるためである。
メガネを作る時は、午前に視力を測定しないと、度のきついメガネを作ってしまうことになるので注意が必要だ。


これは、午後に低下した視力も、翌日の午前には回復しているということを意味する。
つまり、低下した視力も、それが固定化しなければ何もしなくても、すぐ回復できるということである。


視力回復のトレーニング等は、早めにするのがいちばんだ。

パソコン作業等画面を長時間見るものをする時は、1時間に10分程度休憩して目を休ませると良いとよく聞く。
「そんな休憩、かったるい」などとつい思ってしまうが、
そういった毎日のちょっとした気遣いが、視力回復のために最も簡単で効果的な方法といえる。
子供は特に親が注意をしないと、何時間でもゲームをしてしまう。

スポンサードリンク

検索

リンク集