TOP >  宝くじとは

宝くじとは

■宝くじとは何か?


 「宝くじ」とは、普通には多くの人が金銭を出し合ってお金をまとめ、必要な経費や宝くじの目的の財源の費用を引いた残りの総額を当たりの賞金とする「くじ」の総称です。


 日本の宝くじの起源となるのは「富籤(とみくじ)」と呼ばれていた、江戸時代に流行った、主に神社やお寺の修復費用を集める目的にして販売されたくじでした。
 現代では、宝くじの主な目的は自治体などの一般財源確保へと移っていて発売元は地方自治体になります。


 宝くじには何種類かがありますが、それらの方式は大きく分けて以下の3つです。


 (1)開封くじ(一般的なもの)

 (2)被封くじ(スクラッチ)

 (3)数字選択式宝くじ(ロト)


 (1)の開封くじとは「ジャンボ宝くじ」でお馴染みのもので、一般的に「宝くじ」と呼ぶ場合は、この開封くじの事を指すことが多いのが現状です。

                            

スポンサードリンク

                   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6019

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

関連エントリー

宝くじとは