TOP >  産後の腰痛

産後の腰痛

出産後にも腰痛が起こることがのですが、注意しなければならないのは「恥骨結合の分離」についてです。

妊娠中にはホルモンの影響を受けて骨盤が緩むことになるのですが、骨盤の中を赤ちゃんが通り抜けるという大きな負荷がかかることによって、恥骨結合部分に異変が起こることがあります。
この恥骨結合の部位に異変が起こることを恥骨結合の分離などというのですが、診断としては病院にて超音波検査を行うことによって判明します。

出産後の腰痛が起こる原因としては「仙腸関節」に関するものがあります。
仙腸関節は通常の状態だとじん帯でささえられているのですが、妊娠と出産の過程によってこの仙腸関節はゆるくなってきます。腰痛が出ることもようです。
このほか出産によって筋肉が緩んでしまうだとか、出産後に赤ちゃんを抱くことによって姿勢のゆがみなどが生じることもようです。
出産時には骨盤などに負荷などが大きくかかるものですので、腰痛の予防のためには普段から筋肉を鍛えたり、無理な運動や姿勢をとることはしないなどの工夫が必要となってきます。

【ゲルマ シルク腹巻き】世界特許のXIONのゲルマニウム加工腹巻です!表面体温を1.5度上昇させます。冬の冷え性に最適の薄手の腹巻です!【これこれ倶楽部】【ゲルマ シルク腹巻き】世界特許のXIO...
2,079円
シルクの肌触りでぽかぽか腹巻!ゲルマニウム加工は世界特許のXION加工です。伸縮...

Ads by 電脳卸

関連エントリー

産後の腰痛